ブログで綴る犬のしつけ

01/01/2000

「犬のしつけ」という意味は?

カテゴリー: 初めて犬を飼う不安


犬のしつけを誤解している人がとても多くいらっしゃいます。
本当の意味を考えないで、犬をどうコントロールするか・・それだけを考えている人がいます。手法だけを探し求めているわけです。

初めて犬を飼う方ならまだ許せますが、プロのトレーナーさんの中にもそういう人がいることがとても残念です。
そういう方の目的はズバリお金儲けです。
見た目に分かりやすいパフォーマンスを見せると、無知な飼い主さんはすぐに飛びつきます。その時、愛犬のしつけで心底困っている状況ならなおさらです。パフォーマンス的なしつけはマスコミ受けも良いです。
「地道に根気良く・・・」などと言っていると、マスコミからすれば「良い画が撮れない・・」となるわけです。

そんなメディアの風潮もあってかパフォーマンス重視の犬のしつけ手法が浸透してしまいます。
でもそんな事で犬が良い子になったら誰も苦労してません。一時的に良くなったとしてもすぐ元に戻るか、以前よりも余計に関係が悪化します。
そしてサーカスの動物のように、いつかストレスが爆発するでしょう。
犬も哺乳類です。少しずつ色んなことを学んでいくのです。知能の高い人間の子ですら、物事を覚えて落ち着きが出るまで何年もかかります。犬は更に知能が低いのです。

犬は社会性がとても強いです。つまり社会性をちゃんと理解できる知能があり、周りの仲間(家族)を非常に良く見ているのです。正確には感じているのです。
犬にとって、あなたやご家族一人一人がどういう存在なのか感じているのです。とてもシンプルに反応します。

私は過去にあらゆる手法やしつけグッズも試しました。形上は犬を制御できた時もありましたが、でも何かが違いました・・・
苦労しましたが、物や短絡的な手法を全て捨て、自分を反省し学び直しました。そこから犬のしつけが上達していったのです。
そして今、私と犬はとても良い関係になり、子犬時代よりも何倍もカワイイ、素晴らしい存在になりました。

<< 犬のしつけ本がパソコンで今すぐ読める トップページに戻る


 


犬のしつけが分かるサイト 犬のしつけ方を解説しているサイト

コメントはまだありません

コメントはまだありません。

このコメント欄の RSS フィード

コメントフォームは現在閉鎖中です。

Powered by WordPress